月別アーカイブ: 2018年3月

デコルテにニキビができてしまった時の対処方法

デコルテのニキビというのは、冬場はいいのですが夏になったり露出するシーズンになると困ると思います。

デコルテというのは方から下のちょうど胸までの部分のことを言うのですが、この部分にニキビがたくさんできていると少し露出も控えなければいけないことになりますよね。

やはりつるつるとしていて、ニキビが一つもないデコルテというのが憧れだと思います。

デコルテにニキビができるというのは男性よりも女性に多いことですが、女性というのはホルモンバランスによってニキビが出来やすい時期というのがあります。

デコルテのニキビもそんなホルモンバランスに原因があるといわれています。デコルテにニキビができてしまったという人の場合には、初期の場合には薬などを使って対処も可能なのですができれば皮膚科へ行って診てもらった方がより早く治療ができると思います。

顔のニキビの場合には思春期のニキビ、肌のトラブルなどが原因ということがあるのですが、デコルテに出来てしまったニキビの場合にはそれ以外に、食生活が原因であったり、生活習慣の乱れが原因であったりする可能性も出てきます。

それだけでなくお風呂に入ったときにボディーソープがきちんと流れていないことなども原因になる可能性もあり、ひとによっては何度もできてしまったりなかなか治らない人もいます。

こういった場合には、肌に石けんがあってないということもありますから、一度石けん類を変えてみるのも方法の一つです。

頭皮にもニキビができる!?

頭皮のニキビとは頭皮にできるニキビのことを言います。

一般的にニキビというのは顔や首、背中などに出来やすいとも言われているのですが、人によっては頭皮にもニキビができます。

頭皮のニキビというのは脂漏性皮膚炎に間違われたりするということもよくあるようなのですが、その原因はストレスが原因であったり、ホルモンのバランスが崩れていることが原因であるといわれています。

他にも過剰に皮脂の分泌が行われていることなども関係しているといわれています。

頭皮のニキビの原因は顔のニキビと一緒で頭皮の毛穴が詰まってしまったことから起きるといわれているのですが、その具体的な原因としてはシャンプーをした時に、シャンプーやリンスがきちんとすすげていないというような場合も原因になっているといわれています。

皮脂が過剰分泌されたこと、汚れや不正性な頭皮になっていること、ストレスなども関連しています。

頭皮にニキビができているという人は一度シャンプーの方法について少し考えたうえでよくすすぐような努力をしてみることが大切です。

場合によってはシャンプーそのものがあっていないこともありますから、シャンプーがあっていないという場合にはかえたりして自分に合ったシャンプーで正しい洗髪をするようにしましょう。

頭皮ニキビができてしまった場合にはどうすればいいのかというと、ニキビの毛穴のつまりを解消する必要があります。

そのためには清潔を保つことや紫外線から守ることが大切です。

鼻にニキビができてしまったら?

鼻ニキビというのは鼻にできるニキビのことを言うのですが、鼻の上にできたり、横にできたり下にできたり色々です。

鼻の表面にできるようなニキビの場合には塗り薬を使って治療をすることが可能ではありますが、鼻の穴に出来てしまうニキビの場合には塗り薬を塗るだけではなかなか治療はできません。

そもそも鼻ニキビの原因というのは何でしょうか。鼻にできるニキビの原因は皮脂が過剰に分泌してしまうことによって鼻にある毛穴が詰まったことによってできてしまいます。

一般的なニキビと同じ理由で、悪化してしまった場合には毛穴の中にいるアクネ菌が炎症を起こして膿をもつようなニキビになってしまう可能性もあります。

皮脂の過剰分泌が原因ではありますが、それ以外にも鼻ニキビの原因はホルモンバランスが崩れていることも原因といわれています。

思春期にできるニキビとして出来やすいといわれています。

思春期は自然とTゾーンとよばれるおでこから鼻の部分に皮脂が過剰分泌しやすいといわれているので、このことから鼻ニキビが出来やすいといわれているのです。

成長ホルモンが過剰に分泌することがホルモンバランスの崩れにつながるので、一時的なものとして鼻ニキビができるといわれています。

鼻ニキビを治療する方法としては皮脂に分泌を抑えたり、Tゾーンの皮脂をこまめに洗顔をしたりして、清潔に保つことも大切です。

毎日の鼻のニキビの予防法として正しい洗顔をするということも大切なことになるのではないでしょうか。

ニキビは跡が残る前が肝心です

ニキビ跡が残ってしまって化粧で隠れるという人はいいのですが、男性の場合には化粧はしませんから目立ってしまう人も多いともいますし、女性でも、ニキビ跡の具合によっては化粧で隠せないという人も中にはいるのではないでしょうか。

ニキビ跡ができる理由は、ニキビが悪化して顔の炎症がひどくなってしまったために、その部分が治ったとしても、跡が残ってしまうのです。

ニキビ跡といっても人それぞれ症状は色々で、少し跡が残っている程度だという人も中にはいますし、ひどい人になるとクレーターと呼ばれる月の表面のようにえぐれているように、顔の皮膚がなってしまっているような人もいます。

ニキビ跡が一か所ならまだいいのですが、クレーターのようなひどいニキビ跡が顔中に出来てしまっているというケースもありますから、十分ニキビケアには注意が必要です。ニキビが悪化したことによってニキビ跡はできますが、他にも爪で無理やりニキビの芯を押しだしたりした場合にも皮膚が傷ついてその部分が跡になってしまいます。

一度できてしまったニキビ跡というのはなかなか解消することが難しいですから、ニキビができたら、できるだけ放っておかないで、すぐに対処をして悪化させない工夫が大切です。

悪化させてしまうとその部分のなおりが遅くなりますし、そうなってしまうとニキビ跡が残りやすくなってしまいます。ニキビ跡は一度できると完治することは難しいので注意しましょう。

皮膚科のにきび治療って何をするの?

皮膚科でニキビ治療ができるということをご存知でしょうか?

あまり皮膚科でニキビの治療ができると知っている人はいないのかもしれませんが、冷静に考えてみても、ニキビは皮膚にできますからニキビ治療は可能なのです。

皮膚科でのニキビ治療ではどのようなことが行われているのかというと、今までの皮膚科でのニキビ治療というのは抗菌作用がある薬を処方してもらって外用薬として塗るという方法、そして抗生物質やビタミンなどの内服薬を処方されて飲むという方法で皮膚科の治療を受けることが一般的でした。

軽めのニキビやニキビのでき始めなどにはこれで効果があるのでいいのですが、ニキビを放置して悪化してしまったものに対してはなかなかこれでは効き目がありませんでした。

皮膚科での治療でもニキビが治らないという場合には、なかなか大変です。

そこで最近ではニキビ治療として皮膚科が行っている一環としてケミカルピーリングが行われています。

ケミカルピーリング治療と呼ばれているのですが、これは美容のためでも行われているケミカルピーリングをニキビ治療にも導入しているのです。

一般的にはケミカルピーリングは1ヵ月くらいで角質をきれいにとってしまうとい治療法です。

皮膚科でケミカルピーリング治療を行うところもありますし、自宅でもケミカルピーリング治療ができるようにするために、ホームケミカルピーリングセットなどを処方している皮膚科なども増えているのが現状です。

背中ニキビができる原因と対処方法

背中ニキビって聞いたことがありますか?

ニキビというのは顔にできるものだと思っている人も中にはいるかもしれませんが、実はニキビは背中にもできるんですね。

顔には皮脂線がたくさんありますが、背中にも皮脂線はたくさん存在しています。

皮脂線が多いということは毛穴が詰まりやすい可能性が高いことになり、背中ニキビができてしまうのです。

背中ニキビができやすい季節というのは夏場です。

夏に汗をかいてそのままにしておいたらニキビになってしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか。

他にもお風呂に入ったときにシャンプーをしてきちんとシャンプーやリンスが流れていなくて背中についたままの状態になっているという人も、背中ニキビの原因になっています。

背中ニキビは顔のニキビと比べてみると自分の目で確認することが難しい場所にありますから実際に出来ていたとしても気がつかない場合がありますが、ファッションによっては背中が見えたりする場合もありますから女性の場合にはとくに注意しましょう。

結婚式を控えているという人の場合などは背中が開いたドレスを着た時に、背中ニキビが見えるといけませんから、早い段階からケアしておかなくてはいけません。

綺麗な背中にするためにニキビを治療するにはかなり時間がかかります。

ニキビができているという場合にはできるだけ、通気性のいい洋服を着るようにして、汗もすってくれるような素材の服を選びましょう。

ニキビは市販薬では治らない!?

ニキビに悩んでいる人の中にはニキビ薬を使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

ドラッグストアや薬局などではニキビ薬の販売が行われています。

クレアラシルなどはCMなどでも有名なのでご存知の方も多いかもしれませんね。

ニキビの症状を改善したりしてくれる薬ではありますが、誰でも市販のニキビ薬が効果があるとは限りません。

ニキビ薬は人によっては効果がない場合もあり、症状によっては市販の薬では治療できないという場合もありますから、その場合はできるだけ皮膚科で早めに見てもらうということが大切です。

一般的にニキビ薬と一言で言っても、誰にでも合ういうわけではありません。ニキビの肌質も色々と人によっては違っています。

また飲み薬もあれば塗り薬もあります。

ニキビの原因やどれくらいの症状なのかということによってもニキビ薬を選んでいく必要はあるのです。

ニキビ薬を使う場合の症状も人によって違っているのですが、小さめのニキビがポツっとできているくらいなら、まだ市販のニキビ薬を使っても間に合うかもしれません。

しかし、熱をもっていたり、赤くはれているような膿のあるニキビの場合には、市販のニキビ薬を使っても、もうなおらないという場合もあります。

ニキビ薬を選ぶ場合には皮脂を取り除く働きがあるようなものを選ぶようにして、角質もとってくれるようなものなどもいいですね。

また炎症を抑える働きをする薬もありますから自分の目的に合わせて選ぶことが大切です。