月別アーカイブ: 2018年2月

ニキビ専用の化粧品って普通の化粧品と何が違うの?

ニキビ用化粧品というのは、ニキビができている人を対象にしてつくられた化粧品のことを言います。

石鹸や化粧水からメイクアップ化粧品に至るまでさまざまな種類が販売されているのが特徴です。

ニキビ化粧品では跡が残ってしまったような場合には化粧品を使った治すことは難しいのですが、たとえば軽いニキビの症状くらいなら、化粧品を変えるだけでその症状を改善させることが可能といわれているのです。

ニキビ化粧品は通常の化粧品とどのようなところが違っているのかというと、ビタミンC誘導体が入っているようなものもあれば、ヒアルロン酸などの保湿力が高い化粧品などもあります。

また緑茶の成分やお茶の成分が入っていることで皮脂の分泌による参加を防いだり、細菌などできることを防ぐということも可能です。

ニキビ化粧品の特徴としてはニキビの人を対象にしてつくられていますから、その分肌にやさしい素材でつくられているのが特徴です。

市販されている一般的な化粧品ではニキビができている時につけてしまうと刺激も多かったり、肌にとっていいとは言えないということがありますが、ニキビ化粧品ならその心配がありません。

ニキビ化粧品として今人気があるメーカーはプロアクティブですね。

プロアクティブはニキビ専用化粧水として販売されていますが、化粧水や洗顔料などを使うことでニキビができにくくなったり、ニキビが実際に出来ている人には改善につながる化粧品として知られています。

ニキビ治療に漢方薬があるって知っていますか?

ニキビ治療の方法として市販の薬を使わずに漢方薬を使うという人も意外に多いです。

市販の薬よりも即効性がないのが特徴ではありますが、ニキビそのものを治療するというのではなくて、体質そのものを改善させてくれるという働きがあります。

漢方薬を飲んでいくことでニキビができにくいような体質になるといわれています。

ニキビができる原因はホルモンのバランスが崩れていたり胃腸が弱っていることが原因とも言われていますから、ニキビを抗生物質で治療するという場合には、その時は治療につながるのですが、薬を飲むのをやめてしまったら、またニキビが再発するということはよくあることです。

しかし、ニキビに漢方薬治療を用いた場合にはそのニキビそのものに働きかけるというよりも自己治癒力、免疫力をアップさせるという効果がありますから、飲むことをやめたとしても、体質が改善されていることが多く、そうなるとニキビの再発がないといわれています。

ニキビの種類やニキビの原因によって漢方薬の種類というのは違ってきますから、それぞれに合った漢方薬を摂取するということがお勧めです。

漢方薬を手に入れるという場合には、薬局やドラッグストアでも販売されていますが、漢方薬を専門で取り扱っているようなところで、実際の症状を伝えて処方してもらうといのが一番です。

即効性はありませんが2週間から1ヶ月半もすれば効果は現れてくるでしょう。