月別アーカイブ: 2017年11月

ニキビ治療は自分で対処すると治らない!?

ニキビ治療の方法は色々とあります。

なかには普段自分でニキビ治療をしているという人もいるかもしれません。

しかし、できればニキビ治療は自分で行わない方がいいでしょう。

なぜなら間違ったニキビ治療をしてしまうと、完治しないばかりか完治までに時間がかかったり、最悪の場合にはニキビが悪化してしまう可能性が高いのです。

ですからニキビ治療をする場合に自分で荒療治的なことをするのは避けましょう。

具体的なニキビ治療の方法としては、まず一つ目としてでき始めてすぐに皮膚科へ行くという方法があります。

皮膚科へ行って適切に処置を早い段階でしてもらうことでかなり悪化を食い止めることができますのでお勧めです。他にも皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬を飲むことで治療になります。

膿が中にたまっているニキビができるという人もいると思いますが、ニキビ治療で自分で膿を出してしまう人もいます。

この方法をすると皮膚が必ず傷つきますし、膿ができていた部分にバイ菌が入ればさらにニキビが悪化してしまう可能性がありますので、本当は膿ができるまで放っておくのではなくて、もっと早めに皮膚科へ行くことをお勧めしますが、行けずにいた場合でも、ニキビの膿を自分で出すのではなくて、皮膚科へ行って出してもらうようにしましょう。

ニキビ治療は正しい方法や知識が必要です。

この正しい方法を間違えてしまうと治るどころか悪化しますので十分に注意しておく必要があります。

ニキビの原因は内側と外側にある

ニキビの原因というのは人それぞれ違っているといわれているのですが、一般的にはホルモンのバランスが崩れていること、睡眠不足であること、そして食生活の乱れや生活習慣の乱れなどもニキビの原因になるとも言われています。

また現代はストレス社会とも言われていますが、ストレスがたまっているということからニキビになってしまうというケースもおいといわれているので、ニキビが出来やすいのです。

今紹介したようなニキビの原因はどちらかというと、内的要因と呼ばれるものです。

ニキビの原因の中には外的要因と呼ばれるものもありますので覚えておきましょう。

ニキビの外的要因としては、自分の肌に合っていないような化粧品を使っていることがまず一つにあげられますし、肌を清潔に保っていないことから活性酸素が原因でニキビになっているとも言われています。また冬の場合などは乾燥が原因でニキビができるとも言われています。

ニキビの外的要因もこれだけ色々と種類があるのですが、個人差もあり、自分のニキビの原因が、外的要因なのか、内的要因なのかしっかりと理解したうえで治療法を見つける必要があります。

中には遺伝や毎日のタバコ、アルコールなどが原因でニキビになるというケースもあるようですから、自分の生活習慣や食生活などを見直してみて、自分のニキビの原因を探ってみるということも大切です。

そのうえで治療法を決めたり予防策を考えるのが一番ではないでしょうか。

肌荒れとニキビを予防するために大切なこと

肌あれとニキビに悩んでいる人は今多いといわれています。

昔だったらニキビと言えば思春期だけの特有のものと考えられていたのですが、今はそうではありません。

肌荒れと同じくニキビも大人になってもできることとして知られてきました。

その理由はやはり昔に比べると生活環境が大きく変化していることが影響を与えているのではないでしょうか。

肌荒れの人とうのはストレスや何らかの不規則な生活が原因で肌荒れになっていると考えられます。それと同じ原因でニキビになっているという人も多いのです。

ストレスがたまっていると肌の調子が悪くなりトラブルを引き起こしやすいといわれていますから、ストレスは絶対にためないように注意しましょう。

そして肌荒れやニキビを予防するためには、毎日の生活習慣の見直しや食生活の見直しなども関係してきます。

食生活の面でいうと脂っこい食べ物ばかりを食べているのではなくて、栄養バランスを考えて野菜などもたくさん食べることが大切です。

そして生活環境についての見直しについては不規則な睡眠時間、遅い就寝時間の人といのはそれだけで肌荒れやニキビを作ってしまう原因になります。

ですから肌荒れやニキビを予防したい、改善したいと考えているのであれば、食生活、生活習慣の見直し、そしてストレスをためないということがポイントになります。

中々そうは言っても難しいと思いますが、少しずつ気をつけて生活をしてみてはいかがでしょうか。